ホームページ(WEBページやWEBコンテンツ)を作る前に、まずは、ここの「HP作成の予備知識」をひと通り読んでいただけると嬉しいよね..

■ 11.掲示板などのクッキー(cookie)って何ですか?

簡単に言ってしまうと、入力情報が記憶できる仕組みです。

例えば、投稿者の名前、文字色、URL等をメッセージを投稿するたびに入力するのは不便です。
一度でも投稿したら、それを記憶しておいて、2回目以降は入力しないでも、自動セット(入力)されると「親切だな」と思いますよね。

コンピューター(パソコン)だからそれぐらいのことはできて当り前?(笑)
この仕組みを実現するのがクッキーです。

掲示板の投稿記事などは、皆が同じものを見るだけですから、サーバー側にファイルとして記憶して、それを閲覧者が来るたびに表示すればそれで済みます。

ところが、先ほどの投稿者の名前などは、投稿記事と同じようにサーバーに保存させただけではダメなのです。
なぜかというと、訪問者はいつも同じ人が投稿するわけではないので、その情報が常に変わるからなのです。

そこで、訪問された人のパソコンに情報を記憶できれば、訪問者それぞれの情報を独自に管理する事ができます。
つまり、サーバーに入力された内容の一部を、サーバー(リモート)側からクライアント(ローカル)側へ情報を送り、その人の個人情報として、訪問者のパソコンに記憶させるようにするのです。

これを実現できる様にしたのがクッキーです。
ただし、クライアント(ローカル)側の情報をすべて読めたのでは、セキュリティ上、危なくってその掲示板でカキコなんてできなくなりますから、クッキークッキーを使用したHPと同じファイルひとつだけしか読めないようになってます。
安心してください。

すなわち、サーバー側の情報はクッキーを通すと、クライアント側に記憶できるようになり、また、そのクライアント側の情報だけはクッキーを通して、サーバー側が取得できるようになるのです。

もし、あなたのパソコンがWindowsなら、クッキー情報は、
「C:\WINDOWS\Temporary Internet Files」
に保存されています。

このフォルダ内に自分が閲覧してきたものや、クッキー情報が保存されています。

クッキーが使用できるのは、身近なところではCGIJavaScriptです。
最近では、サーバーサイドアプリケーション(サーバー側で動くプログラム)を構築するほとんどの言語がクッキーが使用できるようになっています。



page update:2010/01/23 20:32

Copyright (c) 2000-2009, all Rights Reserved & Produced by atom