※同様の処理が「Javascriptサンプル」にもある場合があります。
そちらの方もご参照下さい。

■ ウィンドウを開く(ポップアップウィンドウ)

新しいウィンドウを開くと、元のウィンドウの上に浮き上がるように表示されます。
このように浮き上がった状態のことをポップアップと言います。

今回は、「新しいウィンドウを開く」ですから自然とポップアップウィンドウになります。
サンプルはボタンの場合と、Aリンクの場合を作ってみました。

◆ 実行サンプル


新しいウィンドウを開く

略号の説明 動作が確認できたブラウザ
IE6.0 NS7.0 MZ1.7.7 FF1.5 OP7.53

【 解    説 】

【ボタンの場合】
まず、ボタンが押された時の処理は、
onclick="(javascriptの記述)"

と記述します。

また、このサイトのトップページを開く処理はJavascriptで次のように記述できます。
window.open('wcloseb.html');

したがってボタンが押された時にトップページを開くには、
onclick="window.open('wcloseb.html');"

となります。

【リンク文字の場合】
「A」タグの場合は、「href」属性には「javascript:;」を記述し、上記と同じ記述を追加します。
<a href="javascript:;" onclick="window.open('wcloseb.html');">

【記述サンプル】
このページのサンプルは次のように記述しています。
【ボタンの場合】
<form> <input type="button" name="button" value="新しいウィンドウを開く" onclick="window.open('wcloseb.html');"> </form> 【リンク文字の場合】
<a href="javascript:;" onclick="window.open('wcloseb.html');"> 新しいウィンドウを開く</a>

page update:2010/01/23 20:32

Copyright (c) 2000-2009, all Rights Reserved & Produced by atom