トップ > Javascriptサンプル

Javascriptは、ブラウザの種類やバージョン、環境により機能するものとしないものがあります。
また、DHTMLを使用している場合もあります。
DHTMLについては「DHTMLサンプル」もご参照下さい。

■ 携帯電話とパソコンのページを分ける

携帯電話を認識する方法はいろいろありますが、比較的簡単に判断させる方法を使います。

この方法は、Javascriptがパソコンで使用できても、携帯では使用できないことを利用したものです。
携帯電話用のページをまず作り、そのページにJavascript「パソコンなら違うページにジャンプしなさい」という命令を埋め込みます。

この処理は、訪問者がJavascriptをオフにしていると機能しません。
※「CGI(Perl)の作り方サンプル」竏秩u携帯電話のキャリアを取得」、「携帯電話のキャリア別ジャンプ」も参照してください。

◆ 実行サンプル


このページはジャンプすることが目的なのでここには何も記述しません。

略号の説明 動作が確認できたブラウザ
IE6.0 NS7.0 MZ1.7.7 FF1.5 OP7.53

【 解    説 】

Javascript「page1.html」にジャンプさせる場合は「location.href」を使い次のように記述します。
location.href='/smpjvsc_page1.html';

携帯でこのページを開いても、携帯はJavascriptを認識できませんのでジャンプしません。
したがって、このページに携帯電話専用のコンテンツを記述しておけば、パソコンの場合のみ「page1.html」にジャンプするという訳です。

【記述サンプル】

まず、テキストエディタなどを使用し、次の記述を「browchk.js」というファイル名で保存します。
location.href='/smpjvsc_page1.html'; ※実際の記述では「page1.html」のところを実際のジャンプ先のファイル名に変更してください。


次に、HEAD句内Javascriptの呼び出しを次のように記述します。
<script type="text/javascript" src="browchk.js"></script>



page update:2010/01/23 20:32

Copyright (c) 2000-2009, all Rights Reserved & Produced by atom