> 簡単なじゃんけん / 【超初心者のホームページ作成】

トップ > Javascriptサンプル

Javascriptは、ブラウザの種類やバージョン、環境により機能するものとしないものがあります。
また、DHTMLを使用している場合もあります。
DHTMLについては「DHTMLサンプル」もご参照下さい。

■ 簡単なじゃんけん

◆ 実行サンプル


↑ ここにメッセージが出ます。 ↑

     

簡単なじゃんけんです。
能力は、小学1年生ぐらいです。

【じゃんけんの手順】
1.「じゃんけんをする」をクリックします。
2.「さいしょはグー!」と表示されましたら、「グー」をクリックします。
3.「じゃんけん..」の後、「ぽん!!」と表示されたら、
  「グー・チョキ・パー」のどれかを押して下さい。
  ゆっくり押していただいてかまいません。
  あなたが押すまで待ちます。
  ただし、後出しはしてませんから..


略号の説明 動作が確認できたブラウザ
IE6.0 NS7.0 MZ1.7.7 FF1.5 OP7.53

【記述サンプル】

まず、テキストエディタなどを使用し、次の記述を「janken1.js」というファイル名で保存します。
var kiroku = 3; var delay0 = 2000; var scnt0 = 0; var ssw0 = 0; var kati = 0; var make = 0; var aiko = 0; function start1() { if (ssw0 == 0) { txt0 = "\nさいしょは.."; delay0 = 1200; } else { if (ssw0 == 1) { txt0 = "\nグー!!"; } else { if (ssw0 == 2) { txt0 = "\nじゃんけん.."; delay0 = 1000; } else { txt0 = "\nぽん!!"; }}} document.frm1.msg0.value =txt0; ssw0++; if ((ssw0 == 1) || (ssw0 == 3)) { setTimeout("start1()", delay0); } } function check(dasite) { if ((ssw0 == 2) && (dasite != "グー")) { txt0 = "\nさいしょはグーよ!"; document.frm1.msg0.value = txt0; return; } if ((ssw0 != 2) && (ssw0 != 4)) { txt0 = "まだよ、\nあせっちゃあダメ!\n"; document.frm1.msg0.value = txt0; return; } if (ssw0 == 2) { start1(); return; } txt0 = ""; suji0 = Math.random() * 3; watasi = "グー"; if (suji0 >= 1) { watasi = "チョキ"; } if (suji0 >= 2) { watasi = "パー"; } // txt0 = txt0 + "R" + suji0; hantei0 = 0; if ((watasi == "グー") && (dasite == "チョキ")) { hantei0 = -1; } if ((watasi == "グー") && (dasite == "パー")) { hantei0 = 1; } if ((watasi == "チョキ") && (dasite == "パー")) { hantei0 = -1; } if ((watasi == "チョキ") && (dasite == "グー")) { hantei0 = 1; } if ((watasi == "パー") && (dasite == "グー")) { hantei0 = -1; } if ((watasi == "パー") && (dasite == "チョキ")) { hantei0 = 1; } txt0 = txt0 + "わたしは" + watasi + "よ!\n"; // txt0 = txt0 + goo0 + " " + choki0 + " " + paa0 + " "; if (hantei0 == -1) { txt0 = txt0 + "あなたのまけ!\n"; make++; } else { if (hantei0 == 1) { txt0 = txt0 + "あなたのかち!\n"; kati++; } else { txt0 = txt0 + "あいこ!\n"; aiko++; }} txt0 = txt0 + "あなた かち " + kati + " "; txt0 = txt0 + "まけ " + make + " "; txt0 = txt0 + "あいこ " + aiko + " "; document.frm1.msg0.value = txt0; scnt0 = 0; ssw0 = 0; }


次に、HEAD句内Javascriptの呼び出しを次のように記述します。
<script type="text/javascript" src="janken1.js"></script>


このサンプルではじゃんけんを設置する場所に次のように記述しています。 <form name="frm1"> <p> <textarea rows="3" cols="40" name="msg0"></textarea><br> <span style="color : fuchsia;">↑ ここにメッセージが出ます。 ↑</span> </p> <p> <input type="button" value="グー" onclick="check('グー')">  <input type="button" value="チョキ" onclick="check('チョキ')">  <input type="button" value="パー" onclick="check('パー')">  </p> <p> <input type="button" value="じゃんけんをする" onclick="start1()"> </p> </form> <p> 簡単なじゃんけんです。<br> 能力は、小学1年生ぐらいです。 </p> <div style="background-color: #ffffcc; width: 400px; padding: 8px;"> 【じゃんけんの手順】<br> 1.「じゃんけんをする」をクリックします。<br> 2.「さいしょはグー!」と表示されましたら、「グー」をクリックします。<br> 3.「じゃんけん..」の後、「ぽん!!」と表示されたら、<br>   「グー・チョキ・パー」のどれかを押して下さい。<br>   ゆっくり押していただいてかまいません。<br>   あなたが押すまで待ちます。<br>   ただし、後出しはしてませんから..<br> </div>



page update:2010/01/23 20:32

Copyright (c) 2000-2009, all Rights Reserved & Produced by atom