トップ > Javascriptサンプル

Javascriptは、ブラウザの種類やバージョン、環境により機能するものとしないものがあります。
また、DHTMLを使用している場合もあります。
DHTMLについては「DHTMLサンプル」もご参照下さい。

■ 時間帯で背景色を変更

現在の時刻を取得するにはJavaScriptnew Date()関数を使用します。

その後、その変数から「時、分、秒」をそれぞれ取得します。

このページの表示はわかりやすく、秒単位で色を変更してます。
「時」が赤、「分」が緑、「秒」が青に対応してます。

◆ 実行サンプル

現在のカラー 
略号の説明 動作が確認できたブラウザ
IE6.0 NS7.0 MZ1.7.7 FF1.5 OP7.53

【記述サンプル】

まず、テキストエディタなどを使用し、次の記述を「ontim12.js」というファイル名で保存します。
bgc_chgj(); function bgc_chgj(){ //現在の時刻の取得 gtim0 = new Date(); hr0 = gtim0.getHours(); //時 mn0 = gtim0.getMinutes(); //分 sc0 = gtim0.getSeconds(); //秒 sc0 = Math.floor(Math.floor(sc0 % 6) / 6 * 60); //秒を6種類に分類 bgc0 = 0; if (sc0 < 10) bgc0 = 0x6666ff; else { if (sc0 < 20) bgc0 = 0x9966ff; else { if (sc0 < 30) bgc0 = 0xcc66ff; else { if (sc0 < 40) bgc0 = 0xff66ff; else { if (sc0 < 50) bgc0 = 0xff99ff; else { if (sc0 < 60) bgc0 = 0xffccff; }}}}} document.frm1.dsp0.value = "#" + bgc0.toString(16); document.body.style.backgroundColor = bgc0; setTimeout("bgc_chgj()", 1000); }


そして色コードを表示する入力フォームJavascriptの呼び出しを次のように記述します。 <form name="frm1"> 現在のカラー  <input type="text" size="10" style="text-align:center;" name="dsp0"> </form> <script type="text/javascript" src="ontim12.js"></script>



page update:2010/01/23 20:32

Copyright (c) 2000-2009, all Rights Reserved & Produced by atom