トップ > Javascriptサンプル

Javascriptは、ブラウザの種類やバージョン、環境により機能するものとしないものがあります。
また、DHTMLを使用している場合もあります。
DHTMLについては「DHTMLサンプル」もご参照下さい。

■ ランダムリンクでジャンプ

ページを開くたびに、リンク先をランダムに変更します。

相対指定だけでなく、絶対指定も使えますから、自分のホームページ以外の場所にもランダムにジャンプできます。

◆ 実行サンプル

略号の説明 動作が確認できたブラウザ
IE6.0 NS7.0 MZ1.7.7 FF1.5 OP7.53

【記述サンプル】

まず、テキストエディタなどを使用し、次の記述を「randomj.js」というファイル名で保存します。
※「"(ダブルクォーテーション)」と「'(シングルクォーテーション)」の違いに注意してください。
外側を「"(ダブルクォーテーション)」で括った場合は、文字列中は「'(シングルクォーテーション)」を使います。
外側を「'(シングルクォーテーション)」で括った場合は、文字列中は「"(ダブルクォーテーション)」を使います。

var txt = new Array(); txt[0]="http://www.yahoo.co.jp/"; txt[1]="http://www.google.co.jp/"; txt[2]="http://www.infoseek.co.jp/Home?pg=Home.html&svx=100100"; txt[3]="http://www.msn.co.jp/home.htm"; txt[4]="http://www.goo.ne.jp/"; mmax = 5; //メッセージ行数 txtno = Math.floor(Math.random() * mmax); document.write("<a href='"+txt[txtno]+"'>検索エンジン(ランダム)</a>");


ランダム画像を表示したいところにJavascriptの呼び出しを次のように記述します。
<script type="text/javascript" src="randomj.js"></script>



page update:2010/01/23 20:32

Copyright (c) 2000-2009, all Rights Reserved & Produced by atom