※CGI設置の詳しい解説は、「CGI(Perl)の解説」にあります。
また、「HP作成の予備知識」なども参考にしてください。

■ グラフィック型アクセスカウンタ(SSI形式、CGI使用)

アクセスカウンタ(姉妹品):テキスト型アクセスカウンタ  グラフィック型アクセスカウンタ CGI形式

上記のようなグラフィック型アクセスカウンタを表示します。

◆特 徴

  1. 数字の頭をゼロで埋める指定ができます。
  2. その際の桁数を自由に指定することができます。
  3. 初期値を自由に指定することができます。
  4. 絵文字や漢数字など自由なカウンタが表示可能です。
  5. どのマシンでも同じようなイメージで表示できます。
  6. フリー素材ですので自由に使用していただいてかまいません。
    ご使用したご感想、ご意見などをいただけると作者が非常に喜びます。(^^ゞ

◆表示例

カウンタ画像は、ご自分が作成した画像を使用することもできます。
下記サンプルデータはすべて圧縮されていますので解凍用ソフトが必要になります。

※解凍用ソフトを入手したい方は、「HP作成に関するソフト」−「圧縮・解凍ソフト」を参照してください。

タイプ サンプル画像 圧縮画像ファイル サイズ ダウンロード
a カウンタ anum.LZH 4,458 Byte ダウンロード
b カウンタ bnum.LZH 5,277 Byte ダウンロード
c カウンタ cnum.LZH 4,263 Byte ダウンロード
d カウンタ dnum.LZH 4,337 Byte ダウンロード
e カウンタ enum.LZH 4,344 Byte ダウンロード
f カウンタ fnum.LZH 4,366 Byte ダウンロード
g カウンタ gnum.LZH 4,299 Byte ダウンロード
h カウンタ hnum.LZH 4,390 Byte ダウンロード
i カウンタ inum.LZH 4,336 Byte ダウンロード
j カウンタ jnum.LZH 4,301 Byte ダウンロード
k カウンタ knum.LZH 4,549 Byte ダウンロード
l カウンタ lnum.LZH 4,446 Byte ダウンロード
m カウンタ mnum.LZH 4,657 Byte ダウンロード
n カウンタ nnum.LZH 4,711 Byte ダウンロード
o カウンタ onum.LZH 4,394 Byte ダウンロード
p カウンタ pnum.LZH 4,466 Byte ダウンロード
q カウンタ qnum.LZH 4,771 Byte ダウンロード
r カウンタ rnum.LZH 4,862 Byte ダウンロード
s カウンタ snum.LZH 4,605 Byte ダウンロード
z カウンタ znum.LZH 1,676 Byte ダウンロード

◆設置方法

  1. まず、次のどちらかのカウンタ用のファイルをダウンロードします。
    拡張子がEXEは自動解凍形式LZHは解凍ソフトが必要です。
    ダウンロード(gcounter.EXE 38,325Byte)
    ダウンロード(gcounter.LZH  5,555Byte)
    
  2. ホームページを作成しているフォルダの中に「cgi-bin」という名前のフォルダを作成します。
  3. このフォルダに先ほどダウンロードしたファイルをコピーします。
  4. コピーしたファイルをダブルクリックで実行します。
    以下の12個のファイルが作成されます。
    gcounter.cgi
    gount.dat
    a0.gif
     |
    a9.gif
    
  5. 「count.dat」をメモ帳などで開きカウンタの初期値に変更します。
  6. 「gcounter.cgi」のファイルをメモ帳などで開いて1行目を確認してください。
    現在は、「#!/usr/bin/perl」となってます。
    ※ここの記述がプロバイダによって違います。
    
    infoseekなど一部のプロバイダでは、次のように変更し保存してください。
    #!/usr/local/bin/perl
    
  7. 次にカウンタを表示したいページに次の文字列を記述します。(aタイプの画像の場合)
    <!--#includec virtual="./cgi-bin/gcounter.cgi?0a"-->
    また、bタイプの画像を使用し、表示桁数を8桁のゼロ埋めをしたい場合は、
    <!--#includec virtual="./cgi-bin/gcounter.cgi?8a"-->
    のように指定します。

    「?」から後ろはパラメータです。
    パラメータの1桁目はカウンタ全体の桁数、2桁目は画像の種類(ファイル名)を指定します。
    パラメータの1桁目が0(ゼロ)の場合はゼロ埋めしません。
    桁数をオーバーした指定は自動的に非表示になります。
    パラメータを省略した場合はカウントアップのみ行います。(表示なし)

  8. ホームページと一緒にサーバーアップロードしてください。

◆設置例

t-atom (自分のホームページ作成フォルダ)
 ├index.html (カウンタを表示するトップページなど)
 └cgi-bin (このカウンタを設置するフォルダ)
   ├gcounter.cgi (このカウンタ用のCGI)
   ├count.dat   (カウンタ値記録用のデータ)
   ├a0.gif       (カウンタ値の画像データ)
   | |
   └a9.gif       (カウンタ値の画像データ)

◆パーミッション

《infoseekの場合》 (1例)
ファイル/フォルダパーミッション
cgi-bin(フォルダ)755
gcounter.cgi755
count.dat666
a0.gif
 |
a9.gif
644

◆補  足

  1. infoseekでは、問題なく使用できますが、他のWEBサイトの場合、CGI、SSIが使用できるページである必要があります。
  2. infoseekでは、そのまま使用できますが、他のWEBサイトの場合、フォルダ名の変更をしないといけない場合があります。
  3. カウンタを表示するページの拡張子は「shtml」にしてください。
    「htm」「html」では、表示されません。
  4. ここにアップしているカウンタは基本的にカウンタを設置するページの中にCGI用ディレクトリ「cgi-bin」を作成していトップページと同じ位置から呼び出すことが前提として作成されています。
  5. 画像が表示されない場合はCGI呼び出しの頭の部分「./cgi-bin/gcounter.cgi」をすべて次のいずれかに変更して試してください。
    (例)ホームページアドレスが「http://(ドメイン名)/(ユーザ名)/」の場合
    「cgi-bin/gcounter.cgi」
    「/cgi-bin/gcounter.cgi」
    「/(ユーザー名)/cgi-bin/gcounter.cgi」
    「http://(ドメイン名)/(ユーザ名)/cgi-bin/gcounter.cgi」
    
  6. SSI形式が使えないサーバーであっても呼び出し方を変えるだけでSSI形式が実行できる場合があります。
    詳しくは、「HP作成の予備知識」−「13.CGIの結果をHTML文書に埋め込みたい。(SSI)」を参照してください。

    また、サーバーによってはCGIの設置、呼び出しが全然違う場合もあります。
    サーバーやプロバイダのCGI設置の解説ページもよく読むようにしてください。
    それ以外の設置方法は、【ホームページ作成質問箱】でご質問ください。


page update:2011/06/28 00:15

Copyright (c) 2000-2009, all Rights Reserved & Produced by atom